■長期的な返済の場合はフリーローンがおすすめ


カードローンの何が有難いかというと、カードローンは利用目的を決めないで申し込みができる数少ないローンで、これを言い換えるとカードローンはフリーローンということができます。

旅行や高価な買い物がしたい時など、住宅ローンのように専用のローンが用意されてない場合に高額なお金が必要になった場合は、カードローンでお金を借りて、そこで借りたお金を他に充填することができるようになっているため、かなりメリットが高いと言えるでしょう。

ちなみにカードローンではないフリーローンと呼ばれるローンを用意している金融機関もありますが、カードローンと同じように使用目的を明確にしないで利用することができるローンとなっています。

カードローンの場合はあらかじめ決められている借り入れ上限金額内であれば、いくらでもお金を借りることができるローンなのに対して、フリーローンはあらかじめ指定したお金を最初に振り込んでもらうローンとなっているため、カードローンとはまた違ったフリーローンのメリットがあります。

カードローンとフリーローンを比べた場合にフリーローンの方が金利の低い場合が多いため、長期的な返済が予想される場合はフリーローンの利用がおすすめです。

一方でカードローンの場合は新規で借り入れがすることが可能で、借り入れ上限金額に達するまでは永久的にカードローンの利用ができるということで、再度借り入れが予想される場合はカードローンのメリットが高くなっています。