■クレジットカードにカードローンの機能を付けている場合がある


最近ではクレジットカード会社でもカードローンを利用することができるようになっています。

クレジットカードというのは、専用のカードを発行してもらい、このカードを使用して買い物やサービスを受けることができるというものです。

クレジットカードを使用して税金や公共料金の支払いをすることができるようになっているので、クレジットカードが馴染み深いという人もたくさんいると思います。

クレジットカードはクレジットカード会社がお金を一時的に立て替えることで成り立っているサービスなので、言い換えれば一時的にクレジットカード会社からお金を借りているということになります。

一回や二回で返済出来る場合はクレジットカードに金利が付かない場合がほとんどなので、クレジットカードで借金をしているという感覚はあまりないかもしれません。

それ以上の返済回数になってくると金利も高くついてくることになるので、クレジットカードを使っているという感覚よりは借金をしているという感覚に近くなってきます。

クレジットカード会社の中にはこうしたローンに近いシステムを利用して、クレジットカードにカードローンの機能を付加させている場合があります。

カードローンの機能をクレジットカードに付加させることによってクレジットカード一枚でクレジットカードの機能とカードローンの機能が利用できるため、何枚もカードを持たなくて良いというメリットがあります。